生地についてアレコレ

たまには生地についての簡単な見方などを書いていきたいと思います。

 よくご洋服でSuper 100’sとかSuper 110’sなどという文字を見られると思います。
あまりご存知でないかたも多いかと思いますがこのSuperのあとに続く数字は羊毛の繊維の太さを表しています。

羊毛の繊維は、一般に細いほど良いとされています。その理由は、繊維が細いほど(波状の縮れ)が多くあるからです。

というのも、羊毛の繊維が細いほどしなやかで肌触りのよい物になっていきます。

もう少し細かい話をさせて頂きますと、Super120’sと云う表示は羊毛〔メリノ種〕の繊維の太さのを表したものです。
繊維の太さはミクロの単位であらわし、平均値17.5ミクロンの太さのものをSuper120’sと表示されます。
       Super100’s      18.5ミクロン
       Super110’s      18.0 ミクロン
       Super120’s      17.5ミクロン
       Super130’s      17.0ミクロン
       Super150’s      16.0ミクロン
       Super180’s      14.5ミクロン 〔国際羊毛機構)
当店で取り扱かったことのある種類です。Super200’sの肌さわりはカシミヤの様と言われることもあります。

あと若干の余談となりますが、生地につかう糸の紡ぎ方には単糸、双糸云うものがあって、双糸の部分が多いほど丈夫な生地となります。
安い生地には単糸が多くなっているものもあるようですので、極端なセール品には注意したほうがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です